野菜の情報冬至の七種(ななくさ)で運盛り&柚子湯で寒い冬を乗り切りましょう!

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 野菜の情報
  4. 冬至の七種(ななくさ)で運盛り&柚子湯で寒い冬を乗り切りましょう!

今が旬、高知県産柚子

こんにちは。

今年もあとわずかとなりました。

全国的に寒さが厳しくなってきましたが、体調を整えて新たな年を迎えたいですね。

今日は来週に備えて冬至についてのお話です。

2020年の冬至は12月21日(月)です。

 

冬至とは



一年で太陽が軌道上最も南に来る時で、北半球において太陽の高さが一年で最も低くなります。この為、昼の長さが最も短く夜が長くなります。反対に、昼の長さが長く夜の長さが短くなるのが夏至、昼と夜の長さが同じ時が春分、秋分と言います。

冬至を境に日が延びていくことから一陽来復(いちようらいふく)の日と言われ、この日を境に運が上昇すると言われています。

冬至の七種(ななくさ)


冬至の七種(ななくさ)


日本では冬至の日に、運盛りと言って運気を上げる為に「ん=運」が重なる縁起担ぎの食材を食べる風習があります。

 

では、ここで市場にある旬の運盛り食材を見ていきましょう(^^)/


かぼちゃ(担当者営業部佐野さん)


・南京 なんきん(かぼちゃ)

冬至と言えばかぼちゃを食べるのは有名な話ですね。

かぼちゃの旬は夏ですが、長期保存が可能な野菜で野菜が不足する冬場には重宝します。そして、追熟すると甘みが増すという特徴があります。また、「冬至にかぼちゃを食べると風邪を引かない」と言われるほど栄養価が高い野菜ということで昔から食べられています。


蓮根


・蓮根 れんこん

ビタミンCが豊富で風邪予防に効果的だと言われています。ビタミンCは熱に弱いですが、蓮根の主成分でんぷん質がビタミンCから熱を守るので、加熱調理をしてもビタミンCが減りにくいという特徴があります。

 


人参(担当者営業部佐野さん)


・人参 にんじん

β‐カロテンが豊富で皮膚や粘膜の健康維持に役立ちます。油に溶けやすい性質を持つので、油と合わせて調理すると吸収率が上がります。

特に10月~12月頃に旬を迎える冬人参は甘くて栄養価が高いと言われています。


金時人参


また、この時期は紅色をした金時人参が出回ります。一般的な人参(西洋人参)と比べて肉質が柔らかく甘味があります。お正月料理には欠かせない冬が旬の人参です。


銀杏


・銀杏 ぎんなん

旬のパワーフード。カロテンやビタミンCなど1粒に豊富な栄養が含まれていますが、メチルビリドキシンという成分が中毒を起こす可能性があるので食べ過ぎには注意です。


金柑


・金柑 きんかん

風邪予防に役立つビタミンCが豊富で皮ごと食べられる為、天然のビタミン剤と言われています。皮の方が香り高く甘味が強いのが特徴です。

 

こちらは野菜ではないですが便利な食材!

・寒天 かんてん

海藻類が原料で食物繊維が豊富に含まれています。粉寒天・棒寒天・糸寒天と用途に合わせて使い分けられるのも良いですね。スイーツにもおかずにもなります。

・饂飩 うんどん(うどん)

温かいうどんは寒い冬にぴったり。

また、なんきんやにんじんなどを使って煮込みうどんや天ぷらうどんにして冬至の七種をまとめて食べられる点でもおすすめです。

柚子湯に入ろう


高知県産柚子


柚子(ゆず)融通(ゆうずう)がきく冬至(とうじ)湯治(とうじ)という語呂合わせから冬至の日に柚子湯に入ると良いと言われています。また、昔から冬場が旬の柚子は香りが強く邪気を払うものと考えられていた為、禊(みそぎ)として柚子湯に入っていたという説もあります。

柚子湯に入ることで、血行促進、肌の保湿、風邪予防に効果があると言われています。また、柚子の独特の香りにはリラックス効果があります。

また、柚子と砂糖をお湯で煮て作るホットドリンクの柚子湯を飲むのも効果的。

入る柚子湯、飲む柚子湯と両方楽しんでも良いですね♪


柚子(担当者植田社長)


冬至のまとめ

一陽来復の日と言われ、冬至の日を境に運気が上昇すると言われている。

・日本では運盛りの為に冬至の七種(ななくさ)を食べる風習がある。

・昔から柚子は邪気を払うもの、体に良いものとされ柚子湯に入ったり柚子湯を飲んだりしていた。

 

日本の冬至の風習は、無病息災を願い寒い冬を乗り切るために考えた昔の人の知恵なのです。

今ある命と自然の恵みに感謝しながら、冬至の風習を取り入れてみてはいかがでしょうか?