野菜の情報高知県はトマト王国!高糖度で濃厚なフルーツトマトをご紹介

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 野菜の情報
  4. 高知県はトマト王国!高糖度で濃厚なフルーツトマトをご紹介
高知発祥のフルーツトマト

こんにちは!今日は高知県発祥「フルーツトマト」のお話です。

土佐湾に面した温暖な環境の中、トマト作りが盛んな春野町の諸木地区や、日照時間に恵まれ多くのブランドフルーツを生んでいる香南市夜須町など、高知県内には産地によって、個性ある高品質なフルーツトマトがたくさん生産されています。

フルーツトマトとは

フルーツトマトは、冬場の温室栽培で温度管理を徹底して行われます。普通のトマトに与える水分量を制限して作られ、過酷な環境下に置かれたトマトは、通常より早く完熟します。そして、小ぶりながらも味は濃厚で、甘味と酸味がしっかり感じられます。栄養価は、普通のトマトに比べて3倍ほどにもなるそうです。

一般的なトマトの糖度は4~6度ですが、フルーツトマトは8度以上もあるので、トマトの酸味が苦手という方も美味しく食べられるかもしれません(^^) 中にはフルーツ並み10度以上のものもあります…!

糖度によるフルーツトマトの定義は決まっていませんが、通常のトマトよりも小ぶりで甘味が凝縮したものとなります。


糖度の高いフルーツトマト

フルーツトマトの旬の時期

12月頃から市場に出始めて、トマトの種類や産地によって異なりますが6月下旬には販売が終了します。
2月から5月頃まで高糖度のトマトが多くなるため、フルーツトマトの旬の時期とされています。

甘くて美味しいフルーツトマトの見分け方

お尻の部分から星形の白い線「スターマーク」がくっきり見えるトマト

甘くて美味しいフルーツトマトの見分け方は、果実のおしり部分から放物線上に現れる白い線スターマークがくっきりとたくさん見えるものが良いです。皮が張り、中の白い筋が見えている状態で、甘く成熟している証拠です。線が均等で濃く大きいものほど、甘みがある美味しいフルーツトマトになります。


美味しい印「スターマーク」

美味しい印「スターマーク」


ヘタが濃い緑色で、元気よくみずみずしいトマト

枯れていたり、黄色っぽくなっているものは鮮度が落ちている可能性があります。ヘタが濃い緑色で、元気よくピンとしているものを選びましょう。
トマトは実よりもヘタの方が水分の蒸発が早いため、鮮度を見分けるのに適しています。


ヘタが濃く元気なフルーツトマト

色やツヤ、張りが良く、丸みを帯びた赤いトマト

トマトの赤い色素はリコピンと言われるもので、活性酸素を消去する抗酸化物質です。美容や健康への働きがあるとされています。
赤みが強いトマトほどリコピンが多く、全体的に色むらが少なく、均一なトマトを選ぶのが良いでしょう。

またフルーツトマトは大玉トマトに比べると球体に近い形状をしています。角ばっておらず滑らかな球体のものが良いです。

ずっしりと重みがあるトマト

フルーツトマトの重みは、中身に隙間がなく実が詰まっている証拠です。完熟し過ぎると実が柔らかくなり甘味も薄れてしまいます。表面が固く、ずっしりと重いものを選びましょう。

産毛があるトマト

水分を極限まで控えて栽培すると、少しでも大気中の水分を得ようとトマトが“産毛”を伸ばします。
水分を欲しているトマト=高糖度のトマト
産毛はおいしいフルーツトマトの特徴です!


産毛は美味しいフルーツトマトの特徴

産毛は美味しいフルーツトマトの特徴


高知県産フルーツトマトをご紹介

フルーツトマト担当者の営業部竹内さん。
毎日仕入れたものを味見してしっかりチェックしています!
今日は、高知県で有名な産地のフルーツトマトをいくつかご紹介します。


フルーツトマト担当の竹内さん


徳谷トマト

生産地、高知市徳谷地区は1970年に台風被害を受けました。畑に海水が流れ込み、土壌には塩分が残りましたが、それがこのトマトが誕生するきっかけとなりました。今や全国的にも有名なトマトです。十数件の生産者で味が異なる為、それぞれの生産者番号が記載された箱に入れて出荷されています。



春野(諸木)フルーツトマト

高知県の中でトマト作りが盛んな春野町。特に諸木地区は、フルーツトマトの産地として有名です。

目前に土佐湾が広がり、海から吹く潮風、砂地で水はけの良い土地がトマトを作るのに適しています。



有さんのフルーツトマト

同じく春野町で生産されているマルユウ農園さんのフルーツトマトです。

知る人ぞ知るトマトで、箱に印刷されている生産者さんの似顔絵が親しみを感じます。




土佐まほろばトマト

高知県南国市で生産されています。

有機肥料を用いて土壌を改良し、農薬を控えて栽培されています。毎年2月に開催される高知県の冬の一大イベント、高知龍馬マラソンのエイドステーション(給水所)でも振舞われた、ランナーにも評判が高いトマトです。



夜須フルーツトマト

高知県の中でも、日照時間が長く園芸が盛んな香南市夜須町で生産されています。夜須町は、ブランドフルーツエメラルドメロンルナピエナ西瓜が生まれた地域でもあり、品質・価値にも力を注いでることが注目されています。

特に食味(硬さ・糖度・酸度)にこだわって生産されています。



赤い初恋

夜須町で生産されているフルーツミニトマトです。果肉は緻密でしっかりしていて、中のゼリーが少なめ。

なんと言っても魅力的なネーミング!甘くて程良い酸味も感じられる、まさに初恋♡のような味が味わえるかも!?



ちなみに担当者・竹内さんの初恋の思い出は、幼稚園の頃。担任の先生が好きだったそうです(o^^o)

初恋は人の数だけあるものですが、赤い初恋は夜須町にしかない希少なミニトマト。

初恋を思い出しながら食べてみてはいかがでしょう~。


フルーツミニトマト「赤い初恋」


高知県はフルーツトマト発祥の地

高知県は発祥の地と言うだけあって、たくさんのフルーツトマトが生産されています。

フルーツのように生食で、そのままの味を楽しむのが一番のおすすめですよ。これから更に美味しい時期に入りますのでお見逃しなく!

是非、高知県各地のフルーツトマトを味わってみてください(^^)



フルーツトマトの購入はこちらから