野菜の情報今こそ体質改善を!春野菜を味方にして心も体もデトックス

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 野菜の情報
  4. 今こそ体質改善を!春野菜を味方にして心も体もデトックス

早咲きの桜「雪割桜」が見頃(須崎市桑田山)


こんにちは。

3月に入りました。徐々に気温も上がり、本格的な春の到来を嬉しく思う今日この頃。

数々の春野菜を堪能できる時期になりました。 冬の厳しい寒さに耐えながら育つ春野菜は、成長するために必要な栄養素がじっくり貯め込まれているので栄養が豊富だと言われています。 特に体質改善したい方は必見!これを聞いたら食べずにはいられない!

今日は、驚くべきパワーが秘められた春野菜についてのお話です。

独特の苦味には良い効能が



春野菜で多く見られる山菜類や芽物は、柔らかく香りが強いのが特徴です。

また、独特の苦味がありこれは「植物性アルカロイド」と言って、害虫から身を守るために野菜から出される成分です。

この成分は、腎臓の機能を高める効果があります。腎臓は、血液をろ過し不要な老廃物や余分な水分、塩分などを体外に排出して体内の環境を正常に保つ重要な役割をします。

冬場は、一般的に運動量が減り汗をかきにくい為、老廃物がたまり新陳代謝が落ちやすくなります。このような体質を改善することにも役立つ優れた能力を持っています。

では、この「植物性アルカロイド」が含まれている代表的な春野菜をご紹介します。



・ふきのとう

余分な水分を体外に排出する「カリウム」が豊富に含まれています。また、特有の香りは「フキノリド」と呼ばれる成分で、胃腸の働きを良くします。その他、ビタミンE・Kなど多くの栄養が含まれます。



・タラの芽

タラの木の新芽のことで、「山菜の王様」とも呼ばれます。タラの芽は山菜の中でもタンパク質が豊富です。また、芽の部分は「エラトサイド」という成分が含まれ糖の吸収を抑える働きをします。

春を感じる御馳走



・菜花 春と言えばコレ♪

アブラナの若い茎と蕾です。

辛味成分の素「イソチオシアネート」が含まれており、抗酸化作用や食欲増進効果・血栓予防効果があります。その他様々な栄養素が含まれる中でも、ビタミンCの含有量は野菜の中でもトップクラス!抗酸化作用があり免疫力の向上につながります。



・アスパラガス 疲れている体にピッタリ

栄養ドリンクにも含まれる「アスパラギン酸」という成分を豊富に含み、新陳代謝を促し、疲労回復に効果があります。また、アスパラガスの穂先部分に含まれる「ルチン」という成分は、抗酸化作用や毛細血管強化を促し老化防止につながります。

 



・スナップエンドウ サヤごと食べられる

エンドウの仲間の中では栄養価は高くはないですが、ビタミンCとβ-カロテンを含み相乗効果によって抗酸化作用を促します。また、サヤと実を両方味わえるのも魅力♪肉厚でパリッとした食感に加え甘さが感じられます。

 

定番野菜も衣替え



・冬キャベツから春キャベツへ

冬キャベツは葉がしっかりしていて歯ごたえがあるのに比べて、春キャベツは柔らかい葉でみずみずしくサラダなど生食に向いています。

また、キャベツ特有の成分「ビタミンU」が豊富に含まれます。別名「キャベジン」と呼ばれ胃腸薬の名前に使われるほどで、胃酸の分泌抑制・胃腸粘膜の新陳代謝を促進する効果があります。



・新じゃがいも

収穫後貯蔵されてから出荷されるじゃがいもに対して、収穫されてすぐに出荷される新じゃがいも。皮が薄くみずみずしいのが特徴で皮ごと食べられます。

また、ビタミンCの含有量はみかんに匹敵するほど豊富に含まれます。ビタミンCは皮の近くに多く含まれる為、皮ごと食べるようにしましょう。



・新玉ねぎ

一般的な玉ねぎは収穫後、乾燥・貯蔵してから出荷されますが、新玉ねぎは収穫後すぐに出荷された状態なので水分が多くみずみずしいのが特徴です。辛味が少なく生食にも向いています。

また、玉ねぎのツンとした匂いと辛味成分は「硫化アリル」といって、血液をさらさらにする効果などがありますが熱と水に弱い成分です。生食で食べやすい新玉ねぎなら栄養を損なわず効率よく摂取できるでしょう。

美味しく食べてデトックス♪


春キャベツ・スナップエンドウなどを使ったサラダ


タラの芽の天ぷら


アスパラガスや旬のフルーツトマトで彩りピザ


様々な調理法で使えて、健康的に美味しく食べられるなんて最高ですね(^^)

 

「春」は冬の寒さが和らぎ過ごしやすい季節。冬の間に溜まりがちな体内の老廃物や毒素を排出し、体質改善にもピッタリな時季です!

栄養満点の春野菜を積極的に摂取し、体の内側から健やかに春のスタートをきりましょう!!