会いに行ける生産者子供も喜ぶ野菜作りに励む!りぐるVege 中西さんのこだわり野菜

  1. ホーム
  2. 会いに行ける生産者
  3. 子供も喜ぶ野菜作りに励む!りぐるVege 中西さんのこだわり野菜
りぐるVege 中西さん

高知市春野町弘岡で、安心・安全で美味しい野菜作りを目指して農業を営むりぐるVege・中西亮介さん。農薬・化学肥料不使用の約24種類の野菜を生産されています。

ダンサーからファーマーへ!

中西さんは、高校時代に始めたダンスがきっかけで、ニューヨークへダンスの勉強をする為に留学していました。その傍ら現地で和食店の調理の仕事をする中で、段々と「食」への関心が芽生えていきます。自ら料理をすることの楽しさを味わい、「どうせなら食材にもこだわりたい」という想いを抱くようになりました。

そして、ある農家さんとの出会いがきっかけとなり「一から野菜を育てること」を決意しました。現在、農業経営されて8年ほどになります。


りぐるVege 中西亮介さん

安心・安全、そして美味しい野菜作り

中西さんが農家になるきっかけを与えてくれたのが、無農薬有機栽培「超かんたん自然農法」を提唱された山下一穂さん。山下さんのもとで農業のノウハウを学び、安心・安全な野菜に対する想いは次第に強くなっていきました。

農薬・化学肥料を使用しないことで、より体と環境に優しい野菜作りが行えます。

そして、何よりこの野菜の美味しさに感動した中西さん。情熱を絶やさず、独立されてから現在までに数々の野菜を作ってこられました。その中には、変わり種の目を惹く野菜が多いのが特徴です。


りぐるVegeさんの野菜作り

りぐるVegeさんの野菜作り

手間をかけた分味わい深い

この野菜を作る上で基盤となる「土づくり」は、堆肥にもこだわり相当な手間がかけられています。また、農薬を使用しない栽培方法を用いて野菜を天敵となる害虫から守ったり、収穫までに様々な工夫がされているのです。

こうして、体に優しく環境にも配慮された野菜が完成していきます。より自然に近い状態でじっくりと育てられた野菜は、素材本来の美味しさを味わうことができるでしょう。


こだわった土づくり


取材を終えて

安心・安全な野菜をより多くの人に食べてもらう為に、意欲的に活動されている中西さん。その想いとは裏腹に、消費者にはその野菜の価値がまだまだ浸透していないのが現状です。

いつか想いが伝わる日が来ると信じて、中西さんは今日も野菜作りに励んでいます。

「安心・安全は勿論のこと美味しいと思ってもらえる野菜を作りたい。美味しいと子供も喜んで食べてくれる。」実際にお子さんを持つ中西さんの親心が、野菜作りの大きな原動力になっているのかもしれませんね。

「りぐるVege」は、高知県の方言・りぐる「吟味する」という意味からつけられたそうです。中西さんの高知育ちの「りぐっちゅう野菜」が、皆さんの食卓へとたくさん届けられますように(^^)

中西さんの奥様が、InstagramでりぐるVegeの野菜を使ったレシピをご紹介されていますので是非ご覧ください。Instagram内で #liguruvege と検索!


りぐるVege