会いに行ける生産者明るい未来に繋げたい!山下農園さんの有機野菜。

  1. ホーム
  2. 会いに行ける生産者
  3. 明るい未来に繋げたい!山下農園さんの有機野菜。
山下農園・山下寛一さん

長岡郡本山町で無農薬有機農業を営む山下農園・山下寛一さん。

広大な土地で年間50種類以上もの有機野菜を栽培されています。


有機野菜

農業に適した環境

四国の水瓶と呼ばれる「早明浦ダム」があることで有名な本山町。山下農園さんは本山町の十数ヶ所に畑を設け大規模に農業を営まれています。

恵まれた土壌と豊かな水、盆地特有の気温の寒暖差で作物が美味しく育つのに最適な場所で栽培されています。


有機野菜

こだわりの独自の栽培方法

20年以上前に、先代の山下さんのお父様が自ら試行錯誤しながら無農薬有機栽培「超自然農法」を編み出されました。
超自然農法とは、従来の自然農法の考え方を尊重しつつも独自の工夫を加えた農法です。

除草剤などは使わず雑草や緑肥などを土に混ぜ込み、畑まるごと堆肥化します。
そして、適度な雑草を残す草生栽培を取り入れることで畑の中の生物の多様性を確保します。

農薬は使用せず畑の中で生きる生物によって野菜を虫から守ります。

このようにして畑内に自然のサイクルを作ることが大切だと説いています。


山下農園

美味しいと思ってもらえる有機野菜を

超自然農法を行うにあたって、まず土づくりからがとても大変な作業なんです。数ヶ月かけて畑を堆肥化してから作物を植える。作物を植える度にこの作業は行われます。手間がかかっても有機野菜を作る上で大事な作業です。

有機野菜であることは勿論ですが、何よりも食べて美味しいと思ってもらえる野菜を作ることが大切。野菜が苦手な子供までもが食べられるものにしたいと山下さん。


有機野菜


 

取材を終えて

有機野菜を栽培されている農家さんを訪れたのが今回が初めてでした。

有機野菜は高価で手が届きにくいイメージがありましたが、それだけの手間がかかっていて価値があるものなんだと思いました。
また、何よりも楽しんで農業をされている山下さんが印象的でした。

「今度はレモンを栽培してみたい。ハイボールに入れたいから。」「黄カブを作ろうと思ったのは見た目も美味しそうだったから。」

食を楽しみながら育てる。自分が食べて美味しいと思うものを消費者にも届けたいという想い。とても素晴らしいことだと思いました。

山下農園さんの想いと共に有機野菜がより多くの方に広まりますように…。

取材:枝重


山下農園さん